親子で楽しめる行事|日本に昔から伝わる行事|気になる節分の現代バージョン

日本に昔から伝わる行事|気になる節分の現代バージョン

このエントリーをはてなブックマークに追加

親子で楽しめる行事

豆

手軽に入手できる道具

2月の風物詩として広く知られる豆まきは、日本で古くから行われている行事のひとつです。邪気を払って新しい季節を迎える行事であり、家族が健康で過ごせるように願う心は今も昔も変わりません。一般家庭でも盛んに行われている節分の行事では、豆やヒイラギいわしとオニのお面を準備します。販売先はイベントグッズ店や豆屋とフラワーショップなどさまざまで、通販でも購入可能です。また、近年においてはセット品で販売するケースも多く、普段の生活が忙しくても節分の行事に参加できます。このほか、定着してきているのが大阪から広まった恵方巻で、恵方を向いて食べる習慣です。節分は豆まきや恵方巻など楽しめる部分があり、子供を喜ばせる家庭内イベントとしても活用されています。

無駄をなくすために

節分当日に豆まきをする家庭は意外と多く、専用のセット品やパッケージ品は売り切れとなります。セット品は必要な量を小分けにしてあるため、無駄の発生しない準備には欠かせません。恵方巻以外は遅くても前日までの購入が望ましく、早めの用意を心がけましょう。豆とヒイラギは日持ちしますので、傷みを気にせずに保管できます。豆まきがメインの節分ですが、豆が散らばるのを気にする家庭も多いことでしょう。だからといって断念するのではなく、豆を捨てない工夫もポイントです。近年、豆まき用として販売されている落花生は、殻付きで床に落ちても食べられます。このように工夫次第で心配がなくなりますので、せっかくの行事を断念せずに継続させましょう。