福を呼ぶイベントが多い|日本に昔から伝わる行事|気になる節分の現代バージョン

日本に昔から伝わる行事|気になる節分の現代バージョン

このエントリーをはてなブックマークに追加

福を呼ぶイベントが多い

豆

子供も参加できる

節分とは、本来季節の変わり目の前日を指す言葉であり、一年で四回あります。しかし、江戸時代以降は特に立春の前日を指すことが多く、二月三日にイベントなどが行われることが多いです。節分のイベントの魅力は、伝統的な行事を子供と行える点にあります。節分イベントで多いのは、豆まきや恵方巻き、柊の枝に鰯の頭をさした厄除け飾りづくりなどです。こうしたイベントは手軽で子供でも気軽に楽しめるものでありながら、きちんとした由来があります。イベントを楽しみながら日本の伝統的行事を伝えていける点に魅力があります。上の世代と自然に交流ができるのもメリットです。自宅でイベントをしても、そんなにお金がかからないのも利点といえるでしょう。

豆まきが多い

節分イベントの特徴としては、伝統的なものが多いという点にあります。代表的なイベントとしては豆まきがあります。豆まきはたいていの場合、神社や寺院などで行われます。豆と一緒にお菓子などを巻くこともあり、子供にとっては楽しみが大きいイベントです。また、近年は恵方巻きを食べるというイベントも増えてきています。節分にあわせて、寿司屋だけでなくコンビニやスーパーでも恵方巻きが売られるようになり、豆まきはしなくても恵方巻きは食べるという人もいます。恵方巻きの人気に乗じて、恵方巻きを模したロールケーキやスイーツなども販売されるようになり、日本人の商業主義的側面が強くなってきているのも特徴的です。今後も様々な展開がされることが予想されます。